2011年03月06日

自分の小さな「箱」から脱出する方法 アービンジャー インスティチュート (著), 金森 重樹 (著), 冨永 星 (著)

口コミ おすすめ情報 ツイてる!日記、本日分です。
資産運用を学ぶなら!投資教育のリーディングカンパニー

日本ファイナンシャルアカデミー




自分の小さな「箱」から脱出する方法 アービンジャー インスティチュート (著), 金森 重樹 (著), 冨永 星 (著)


アービンジャー インスティチュートさんの本です。

あの金森重樹さんが翻訳しています。

参考になりそうな口コミを紹介します。


■今まで読んだ中で一番心を揺さぶられた本です。これまで、Amazonのレビューは
書いたことがなかったのですが、思わずこうやって書いてしまうほど、インパクトが
ありました。
「人生観が変わる」という言葉が当てはまる本が、本当にあるとは・・・自分でも驚きです。

これは、「行動」についての本ではありません。行動以前の問題、「考え方」を学ぶ本です。

ビジネスにももちろん使えますが、人生全般において、「最も大切な」、「根本的な」考え方
を知ることができます。
コーチングやカウンセリングの知識がいくらあろうとも、世の中のコミュニケーション手法を
いくら駆使することができても・・・この本に書いてあることが理解できていなけければ、
意味を成さない・・・そんな本です。

昔から言われてきた、当たり前のことしか書いてないようにも思えますが、それを「箱」という
シンボルを使うことによって、とてもとても分かりやすく、覚えやすく、納得感を持てるような
内容になっています。

「ぜひ読んで!」と皆さんに押し付けるのは、この本で学んだ内容に反するのかも知れませんが・・・
少しでも興味が湧いた方は、だまされたと思って読んでみてください。

私自身は、「もっと早く読んでおけばよかった!」と思いつつ、「でも、このタイミングで
(この本に)出会えてよかった!」と思っています。




■私は、コミュニケーションが苦手です。


仕事上/プライベートでの人間関係を円滑にしようと、

本に書かれているコミュニケーションスキルを実践したりしました。

けど、どうも上手くいかない。

どうして??


その「どうして??」の答えがこの本にかいてありました。

いくら表面を取り繕っても、人には社交辞令や嘘を見抜けるんですよね。

人はモノじゃない、という当たり前のことを改めて気付かせてくれた良書です。


■こんなに読みにくい本は久しぶりです。いえ、とても読みやすいんです一見。
ほとんど全てが会話で構成されているし、翻訳もすっきりとしてますし。

けれど、「フツーの『幸せ本』かなあ」と気軽に読み始めるのは危険です。
なぜかというと所々立ち止まり、読み直し、考え、自分を振り返り、
自己嫌悪に陥り、後悔にさいなまれ、挙げ句の果てには読んでる間に
「あの人に連絡とらなくちゃ!」と電話までしてしまう、という
実に時間のかかる本なのです。

ストーリーにも説得力があるため、腑に落ちる内容です。オナカで
わかるので、読み終わったあともじんときます。

もうひとつ、一度読み飛ばしてわかった気になると「生兵法は何とやら」
になりそうなくらい内容は簡潔にして高レベルと思いますので、
手元において何度も何度も読み返す本になりそうです。

装丁も、題名や目次等から受ける印象も、いわゆる自己啓発本のように
ハデで人目を引くものではありませんが、これは本当に“オナカに来る”
本です。はじめはピンと来ない、という方にも「いや、手元において
お守りにするだけでも…」と勧めてしまいそう。


■商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
身の周りの人間関係は実はすべて自分が原因で引き起こしている
ことに気づかせてくれる『自分の小さな「箱」から脱出する方法』。本書を読み
進めるうちに家庭や職場での人間関係を深め十分な成果を出せる環境を作る方
法を学べる。全米ビジネス書ベストセラー
内容(「MARC」データベースより)
よりよきビジネス、人間関係、家庭生活のために、時には、もしかしたら自分は今「箱」に入っているのではないかと疑ってみることが大切です。あなたをとりまく人間関係のトラブルを、一挙に解決する考え方を紹介。
出版社からのコメント
「これまで装幀した本の中で一番面白い本かも。」
----寄藤文平

著者からのコメント
アメリカ・ユタ州に拠点を置く研究所。哲学者T.ウォーナー
が創設メンバーに加わっていたという異色の集団。現在ではビジネス、法律、経
済、哲学、教育、心理学の専門家が一堂に会し、組織内にある人間関係の諸問題
を解決することによって、収益性を高めようという独自のマネージメント研修や
コンサルティング業務を行なっている。ちなみにarbingerとは先駆けの意。
カバーの折り返し
知っておくべきこと
◇自分への裏切りは、自己欺瞞へ、さらには箱へとつながっていく。
◇箱の中にいると、業績向上に気持ちを集中することができなくなる。
◇自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかは、すべて箱の外
に出ているか否かにかかっている。
◇他の人々に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
金森 重樹
1970年生まれ。東大法学部卒。ビジネスプロデューサー。投資顧問業・有限会社金森実業代表。物件情報の提供から、融資付け、賃貸募集の支援まで行う会員組織「通販大家さん」を運営し、会員が億単位の資産形成をするのをサポート。読者数18万人のメールマガジン、「回天の力学」の発行者として、マーケティング業界でも著名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






資産運用を学ぶなら!投資教育のリーディングカンパニー

日本ファイナンシャルアカデミー








しあわせだなあ!豊かだなあ!ありがたいなあ!


あなたに出会えてありがとう!

ありがとう!ありがとう!ツイてる! 
 
 


今日もいい日だ。

ありがとう!ありがとう!ツイてる!





このブログは、引用可能です。

おもしろいと思った人は、

あなたのサイト、ブログ、メルマガで是非紹介して下さい。

相互リンク大歓迎です。

よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】

http://shuncolle.nifty.com/cs/trackback/shuncolle_trackback/21297


無料メールマガンを2本紹介します!



『お金儲けのヒント本』

幸せ・お金・自由・健康を手に入れ、幸せなプチ富豪を目指す人にはもってこいです


私が感動したお薦めの本をあなたと共有したいと思います。

無料メールマガジンの購読はこちらから!
     ↓
http://www.mag2.com/m/0000139898.html



『【中国株】で1億円ゲット必勝法!』

中国株に関する無料メールマガジンを発行しています。参考にしていただければ幸い
です。
無料メールマガジンの購読はこちらから!
     ↓
http://www.mag2.com/m/0000154318.html








今日もいい日だ。

ありがとう!ありがとう!ツイてる!







posted by ツイてる! at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。